ぶりしゃぶ with 一番搾り

ぶりしゃぶ with 一番搾り

投稿者: うか

日時: 2008年1月22日

トラックバック (0)

ブリ

去年の秋あたりからキリン・一番搾りのCM、ご覧になりました?佐藤浩一が「ぶりしゃぶ♪ぶりしゃぶ♪」ってゆーあれです。あのCMを見て以来、私に「ぶりしゃぶの火」がともってしまい、食うぞ飲むぞと気合が入っていたんですが、このたびようやくぶりしゃぶにたどり着きました!

いやまぁ、ぶりしゃぶなんて食べようと思えばいつでも食べられたんですよ。ぶりの切り身さえ買ってくれば。が、どーしてもやってみたいことがあって、切り身じゃダメだったんですよ。そのやってみたいことってのがコレ。

ぶりの中骨でダシを取る

ぶりの中落ち焼き!…ではなく^^;、しゃぶしゃぶするにあたって何でダシを取ろうかと思ってたところ、テレビ番組で「ウチの店では中骨を焼いて、それでダシを取ってますw」なんてのを見てしまい、どーしても中骨を焼かなければ!モードに。


ぶりしゃぶ用ダシ

グリルでさーっと焼き、コトコト煮ることしばらく。こんな感じでお湯も白濁、しっかりダシが取れました^^


ぶりしゃぶ用薄作り

続いてぶりしゃぶ本体の仕込み。三枚におろしたブリ….というかイナダを薄切りにして皿に並べて…..その結果が下の写真なんですけど、我ながらキレイに並べることができました。(こーゆーのも食欲をそそるひとつですからね。手間はかけます。)


ぶりの薄作りをしゃぶしゃぶ

そしていよいよ実食に。ぶりの中骨から取ったダシ汁に白菜、焼き豆腐、ネギ、ニンジンなんかを入れた鍋(つーか、ぶり、なくてもいーじゃんくらいの勢いの鍋^^;)でシャブシャブ。赤みが残りつつ白く煮えたところで、市販のポン酢をつけていだだきます!


ぶりしゃぶ

じゃーん。ポン酢には万能ネギをまぶしてみました。そして、その脇にはCMと同じくキリン・一番搾りを♪

ぶりは、火を加えることで旨みが出る魚なんだそうです。かと言って、ぶりの照り焼きなんかだと一切れ食べれば十分かな、みたいな。(それはそれで好きなんですけど)

私は魚をさばくのが手間に思わない人間なので中骨でダシを取りましたが、昆布とかでも十分かと。CMのおかげか、何気にブームになってるらしいですし、冬の間にぜひお試しを^^

ウマそうに見えたら応援ヨロシク!⇒酒ブログ ビール・発泡酒ランキング♪

{$TagName}

powerd by 楽-yah
HTML; ?>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL: